顕正新聞(顕正会)2014年

2014.12.25
2014.12.15
2014.12.05
200万みつめ広宣流布いよいよ加速
「法に過ぐれば罰あたりぬるなり」
顕正会の大使命に全員熱鉄の決意
2014.11.25
2014.11.15
静岡会館御入仏式 厳粛に奉修
一期弘法付嘱書の大事 心肝に染む
「1万人の中部大会」を3年後に開催
2014.11.05
顕正新聞(顕正会)2014.11.05
200万みつめ広宣流布いよいよ加速
「法に過ぐれば罰あたりぬるなり」
顕正会の大使命に全員熱鉄の決意
2014.10.25
御入滅733年の御大会 厳修
日蓮大聖人の外用と内証を拝し奉る
大聖人こそ久遠元初の自受用身であられる
2014.10.15
岡山会館御入仏式 熱涙の中に
「中国・四国1万人大会」3年後に挙行
西日本公布へ大決意・熱気たぎる
2014.10.05
2014.09.25
立正安国の熱情たぎる5万男子部大会
浅井先生の重大講演に満場熱鉄
「中国の核ついに米国全土を制す」
「核の傘」すでに無し、日本存亡の危機に
日蓮大聖人ただ御一人がお救い下さる
2014.09.15
竜の口法難御報恩勤行会・浅井先生講演
竜の口久遠元初の自受用身に成り給う
御頸切れず、絶大威徳に国家権力ひれ伏す
2014.09.05
200万への初陣 9・10・11月法戦開始
先難すでに顕わる 他国侵逼も必然
「20年代こそ広布の決戦場」に熱鉄の決意
2014.08.15~25
日曜勤行・浅井先生指導
「一人なれども心の強気故なるべし」
肚を決め切る「絶対信」に立て
顕正会は一筋の忠誠を貫き通す
2014.08.05
6・7月度弘通 空前18121名
御遺命破壊の本質 全員心腑に
正本堂崩壊こそ御遺命成就の大瑞
2014.07.25
日曜勤行・浅井先生指導
正理を前とせよ、大勢順応はいけない
成仏を求め毅然と立つ人こそ仏弟子
2014.07.15
日曜勤行・浅井先生指導
「国主・国宰の徳政を行う、然りと雖も…」
正しい仏法を立てねば善政も虚し
況や広布前夜の悪政においておや
2014.07.05
立正安国論の御誠意を拝し躍動
165万の団結、大地ゆるがす大行進
滝泉寺申状の御筆致に衝撃的感動
2014.06.25
第9婦人部決起集会 豪雨の中1619名が熱烈参加
功徳の歓喜・特集号の歓喜で大熱気
2014.06.15
2014.06.05
浅井会長講演・5月度総幹部会
日蓮大聖人の仏法を立てねば全ては虚し
集団的自衛権行使もかえって裏目に
アメリカの戦争の下請け・傭兵となる
2014.05.25
各地で熱烈な決起集会開催
千葉の第六婦人部が約1000名結集
功徳の歓喜と千葉広布の大熱気
2014.05.15
立宗御報恩勤行会・浅井先生講演
立宗の大誓願に御化導の全てが含まれる
全地球上・尽未来際まで唱題は流れる
恋慕渇仰の信心口唱こそ成仏の鍵
2014.05.05
国難元年の初陣 空前の大法弘通
米国衰退・中国台頭で「属国的平和」崩壊
「聖人国に在るは日本国の大喜」心腑に
2014.04.25
立宗御報恩勤行会 感涙のなか厳修
金剛のごとき大誓願 深く拝し奉る
2014.04.15
2014.04.05
2014.03.25
2014.03.15
2014.03.05
「国難元年」まず日米両国に深い亀裂
「今こそ確固たる仏法史観に立て」
自虐史観の反動として皇国史観台頭
2014.02.25
雪山の寒苦鳥になってはいけない
一生虚しく過ごせば死後必ず後悔
仰せのままの信心に立ち一生成仏を
2014.02.15
2014.02.05
「国難元年」いよいよ日本を救う前進開始
「立正安国以外に亡国を逃れる術なし」
「靖国参拝は政権の終わりの始まり」
先生の獅子吼に満場 熱鉄の決意
2014.01.25
教学試験4級、5級、登用を実施
歓喜と熱気の中、3万余人が受験
2014.01.15
元旦勤行「国難元年」に凛烈の決意
本部会館2万人、全国193会場で奉修
2014.01.05
聖滅733年の新春を迎う
年頭の辞
「一切の大事の中に 国の亡ぶるが第一の大事」